お魚釣りの初心者の基礎知識を知ればもっと楽しくなる!

サイトマップ

トップバナー

釣り道具と初心者

お魚釣りの初心者に必要な基礎知識などは沢山ありますが、最初に、必要なのはやはり釣り道具です。特に重要なのが竿ですが、豊富な種類があるので、お魚釣りの初心者には特に注意が必要な事が基礎知識です。きっとどれを買うか迷ってしまうでしょう。そこでまずは、お魚釣りの初心者に最初に必要な、竿に関する基礎知識です。

竿選びにはお魚釣りで何を釣りたいか、どういった獲物なのか、魚の大きさはどれくらいかを、イメージする必要がありますが、初心者にはそのようなイメージは難しいでしょう。ですので、お店やベテランのお魚釣りの人が知り合いにいるなら、教えてもらいましょう。 お魚釣りの初心者が、自分の考えのみで選ぶのは失敗の元というのを基礎知識として知りましょう。

釣り竿

できるだけ軽いものの購入

釣竿に関するお魚釣りの初級者の基礎知識として、釣竿は手で抱える必要があるので、できるだけ軽いものの購入が、良いということを知りましょう。お魚釣りの初級者でも女性は、得に軽いもの選ぶことが基礎知識です。そして、お魚釣りで魚の重さ重視で竿を選ぶと、 重い物になってしまうことも基礎知識として覚えましょう。防波堤では、磯竿を使用する事が多いです。磯竿は、竿が少し長いタイプです。軽さと強さがありますが、価格的は少し高めとなっています。

釣りイメージ

投げ竿は投げ釣り専用

そして、投げ竿という竿は、投げ釣り専用である事を基礎知識として押さえましょう。お魚釣りをする竿は、 特に初級者の女性にとって多少重い物だと思いますが、三脚を使用し、重さの軽減が可能だという事を基礎知識として 覚えておいて下さい。案外安値です。そして、重いおもりを使うために、固く丈夫に作られているものが多いです。 長さは3.6から4㎜です。更に、折りたたみなので、短い状態で持ち運ぶことが可能となっています。

釣り用語

釣りを楽しむおじさん

次はお魚釣りの初級者に知ってほしい用語の基礎知識です。お魚釣りの用語は、沢山あり、お魚釣りの初心者の人には業界用語に聞こえているでしょう。ですので、お魚釣りの初心者に押さえて欲しい代表的な用語の基礎知識をいくつか紹介したいと思います。

まず「入れ食い」です。これは仕掛けを海に投げ込んだらすぐに魚がつれるといった 意味である事を基礎知識として覚えましょう。お魚釣りの初心者はイメージしずらいと 思いますが、忙しなく魚が釣れるといった感じです。同様の用語で、「入れ掛かり」 という言葉もある事も基礎知識です。

ポイントイラスト 「上げ潮」「カゴ釣り」

次にお魚釣りの初心者に知って頂きたい用語は「上げ潮」という言葉の基礎知識です。 上げ潮とは干満となっている、一時期を言い、干潮が終了し、満潮になっていっている 状態を指す事を、基礎知識として覚えておいてください。お魚釣りは干満により釣れる ポイントが異なり、獲物も変化していく事も基礎知識です。

最後に「カゴ釣り」という用語の基礎知識です。これはナイロンカゴに撒き餌を入れ、沖に投げ込むお魚釣りです。また 、これは、魚を寄せ釣る方法である事を、基礎知識として覚えておいてください。この方法は深場に潜んでいる大物を、狙う際に使用する方法です。 海底までエサの入ったカゴを落として釣る方法なのですが、初心者から少し上達すると、これを誘導ウキにして、海底から少しあげたところで 魚を狙う、といったことも可能になる方法です。ちょっとしたことのようですが、「タナ」を変える、といったこのような行動は非常に重要なのです。 1タナ違うだけで、入れ食いなのかさっぱりなのか変わってしまうほど、大切なポイントの一つです。

相互リンク
http://www.tanteisan.com/
http://www.jitsuin-senka.com/
http://exterior-gardening.com/

釣りのポイント

湖で釣り

次に実際に釣りに行く場合は、お魚釣りの初心者はまず、慣れた人についていく、 というのが基礎知識です。これは魚が釣れるポイントをきちんと押さえているかどうかに関係してきます。お魚釣りの初心者はまず、小さい獲物でいいので、魚が釣れやすいポイントの基礎知識を覚える必要があります。そのため、慣れた人について行き、魚が釣れやすいポイントからお魚釣りを始めることが大事なのです。

お魚釣りの初級者のお勧め場所は、海際の長く防波堤が続いている所です。堤防の場所により釣れる魚が異なりますが、堤防は魚の住みかなので、 お魚釣りの初級者でも教えてもらえば、ポイントを掴みやすく、お魚釣りに慣れるのに適した場所だと言えます。

ポイントイラスト 堤防でのお魚釣りは初心者の練習場所

堤防はお魚釣りの初心者でもポイントを掴みやすく釣りやすい場所ですが、堤防なので、針がひっかかりやすく、また針が切れることが多い場所でもあります。ただ、そんな場合でもお魚釣りに慣れた人が一緒にいれば、どう対処すれば、よいか教えてもらえるので、安心してお魚釣りに慣れ親しむことができます。

またお魚釣りの初心者でも慣れてくれば、魚が釣りやすいポイントだけでなく、針がひっかかりやすいポイントがわかったり、針が引っ かかったり、切れた際に自分でどう対処すればよいかの基礎知識を身につけることもできるので 、堤防でのお魚釣りは初心者の練習場所としてお勧めなのです。また堤防でも海底が砂地の場所であれば、ハリが岩にひっかかったり することもありませんので、初心でも安心してお魚釣りを楽しむことができるのです。ただ安全でお勧めの場所ではありますが、 海底に岩が多い場所は根がかりすることもあるので、その点は注意しましょう。根がかりは慣れないと針が取れてしまいますので、ある程度 慣れが必要です。場所が悪く岩が多いところだと、針を何本もなくしてしまうこともかなり多いです。

相互リンク
 無料法律相談
http://www.js-iijima.jp/
http://blanc-homme.com

海釣りの初心者

さて、お魚釣りの初心者でも安心して楽しめるのが海釣り、というのが基礎知識です。冒頭で説明した竿が準備でき、先に述べた魚が釣れるポイントがわかってきたら、お魚釣りの初心者でも一人で釣りにでかけてみましょう!

まず、海にでかける前に、釣具屋に立ち寄りましょう。 釣りマップというのが置いてありますので、その周辺でどこが近いか、どこで、どんな魚が釣れるか、など詳細情報を確認します。それを見て、自分が行きたい釣りポイントを選びましょう。店員に聞いてその時に一番釣れている場所を聞いてみるのもよいです。

 針のサイズは4号程度が通常の大きさ
ルアー

次に必要な仕掛けやエサを購入します。仕掛けはお魚釣り初心者には少し難しいので、最初は、ウキ釣りセットから始めるのが基礎知識です。また、基礎知識として覚えておいてほしいのが、魚が針を飲み込む時があるので、ハリス付の針を多く買う必要がある事です。また、針のサイズが異なりますが、4号程度が通常の大きさであることを基礎知識として覚えておきましょう。また海水を汲むためのバケツも必要です。ロープ付のバケツがいいでしょう。

次にエサに迷うと思いますが、アミエビを冷凍したアミブロックが一般的です。そして餌の大きさはレンガ程度の大き さでいいのですが、お魚釣りをする場所に到着したくらいに、多少解凍が進んでいる状態が、ベストであることも初心者のうちに基礎知識として覚えておきましょう。 解凍がある程度進んでいると、釣り場に到着した時にほどよく使用できる程度に解凍できているからです。カチコチの状態だと釣り場についたときも カチコチで解凍するまでの時間を待たなければならず、魚が活発な時間に釣りができない可能性もあるのです。魚の活発な時間を過ぎてしまうと、本当に 意外なくらい魚が釣れなくなってしまいます。それだけ時間はお魚釣りに重要な要素なのです。時間を狙えない、ということは魚がいつまでたっても釣れないと いっても過言ではありません。寝ている人の前にごはんを置いても食べませんよね。それと同じで寝ている魚の 前にエサをおいても食いつかないのです。この原理を知らないと、人間心理を当てはめてしまって、何をやっても釣れない人に なってしまいます。

相互リンク
http://www.k-seek.com/
http://abe-jim.com/
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/koshigayashi-saijou/
http://www.magfine.it/it/

渓流釣りの初心者

釣れたイメージ

お魚釣りの中でも、初心者には難易度が高いと言われているのは、渓流釣りである事を基礎知識として覚えておきましょう。初心者が、流れが急な川でお魚釣りする際には、TVなどで勉強したのちに挑戦しましょう。忍耐力と体力が必要なので、お魚釣り初心者には少し難しいかもしれません。渓流は川幅が狭く、場所も限定されている事が、多くあるのも基礎知識です。更に足場が悪いので、お魚釣りをする際は滑らないようし、ポイントを狙わなければなりません。

 大物が釣れた際の喜びはこれまでの苦労を吹き飛ばす
釣れた魚

そういった、川の流れだけでなく、蚊やアブ、スズメバチに注意が必要な事を、お魚釣り初心者の人は基礎知識として 覚えておきましょう。そして、山の中なのでマムシがいる可能性もあります。女性が、ここでお魚釣りをするのは困難な事も基礎知識 になります。お魚釣りをする川底にはゴミや流木があります。釣り針が流木に引 っかかり取れなくなることはよくあります。初心者でもベテランでもそれを避けること は不可能です。これも渓流でのお魚釣りの基礎知識です。初心者の人はどうしても、仕掛けをなくさないようになんとか自分で ひっかかた仕掛けをとうろうとしますが、無理な場合も必ずでてきてしまうのです、ベテランの人に人に聞いても無理だといわれたら 諦めるしかないのも基礎手知識になります。

経験がないお魚釣りの初心者でも、大物が釣れた際の喜びは、これまでの苦労を吹き飛ばすでしょう。お魚釣りの初心者でも、 渓流釣りをしてよかったと感じる事が出来るのも基礎知識です。大自然の力を感じながら爽快な気持ちになれます。 渓流のお魚釣りは、場所により釣れる魚が異なりますが、一般的に釣れると言われているのは、 アマゴ、ヤマメ、イワナ、マスなどです。渓流釣りにいくのであれば、どういった魚がつれるか、という基礎知識も 必要になってきますので、この点も詳しい人に聞いたり調べたりしてあらかじめ頭にいれておきましょう。 中には触ってはいけない魚もいますので、それらも覚えておく必要があります。特に夜は視界も悪く、普通の魚と毒魚の 見分けがつきにくいので釣れてもまず、触らない、ということを心掛けましょう。わからない種類の場合は詳しい人にきくか、そのまま リリースするのが正解になります。針を飲み込んでいるような場合は、針をペンチでしっかりとった後にリリースします。間違っても仕掛けの まま離さないのがマナーです。針がついたままだと、後で釣った釣り人がその針をひっかけてしまい、 ケガをする可能性があります。みんなで安全に釣りを楽しむために最低限のマナーですので、しっかり守りましょう。

釣りの初心者のマナー

お魚釣りは、初心者でもご高齢でも楽しむ事が可能なのです。今は初心者でも趣味となれば、お魚釣りを一生楽しむ 事ができるのも基礎知識です。ただ、お魚釣りの初心者でも最低限のマナーを覚える必要がある事も基礎知識となります。1人で釣っている訳で なく、周りの人への配慮など様々なお魚釣りのマナーが大切となることを初心者は肝に銘じ、その基礎知識を 覚えておきましょう。お魚釣りをしているとどうしも自分のことばかり考えてしまいがちですが、周りへの配慮が 大変重要になってくるのも基礎知識なのです。

まずは挨拶です。これはお魚釣りに限らず基本的な事ですよね。空いているスペースなどに 入る時には必ずとなりの人に「失礼します」など挨拶をすることが基礎知識になります。 また、お魚釣りの初心者がやりがちなことで、竿を突っ込めば釣れると考え何本を竿を並げる 事もタブーなのも基礎知識です。譲り合いの精神を、もつことも必要不可欠です。

 投げる際に周りに人がいないか確認を
釣り親子イメージ

更に、お魚釣りの初心者は投げ型がわからず、おもりを振り回してしまう事がありますが、投げる際に周りに人がいないか確認しなければならないのも基礎知識です。これを怠ると投げた際に周りの人に重りや仕掛けがあたり、ケガをさせてしまうケースもお魚釣りの初心者にはよくありますので、この点の重要な基礎知識になります。

またお魚釣りの初心者に覚えておいて頂きたい基礎知識で、後片付けがあります。お魚釣りの間に飲み食いしたゴミを放置することは絶対やめましょ う。後からお魚釣りに来た人に迷惑がかかってしまいます。お魚釣りの初心者にとっては道具の揃え方から、ポイント選び、マナーなど 覚える基礎知識が沢山ありますが、覚えてしまえば、本当にお魚釣りは楽しい ものです。 始めは様々なことで戸惑うことも多いと思いますが、一度覚えてしまうと簡単になってきます。特にマナー面だけはしっかりと押さえるようにしましょう。 一つのゴミも残さず、変える、ということを心掛けて気を配る必要があるのです。初心者だからといってこのマナーだけはしっかり守りましょう。 ぜひご参考にして、お魚釣りをエンジョイして頂けると幸いです。