初心者もイカ釣りを楽しみたい人へ

サイトマップ

トップバナー

イカ釣りと初心者

釣り方をきちんとしらないとダメ

イカは初心者でもつることが可能ですが、釣り方をきちんとしらないとダメです。 そして、イカを捌くのは困難じゃないので、食用として楽しむ事が可能です。 獲物の白イカは日本列島の各地で簡単に手に入ります。刺身で出るイカはこの白イカとなります。 とてもおいしいですよ。イカスミも食用とし、人気が出てきました。

そして、初心者のためのイカ釣りについてです。最初に、竿は3メートル前後のものを購入しましょう。 おもりは20号近辺を2,3個用意して下さい。 初心者が最初に、買ったカーボンの竿は横からの衝撃に弱い場合があるので取扱は注意が必要です。 修理をすれば少し出費が必要になります。人気がない広場や海岸でキャスティングの練習してください。

ベテランと一緒に行くのが1番

また、前に飛ばさず後ろに飛ばす人もいるのです砂浜であれば長めのゴム長靴、磯は滑り止めが付いたスパイク靴が必要です。 足元はきちんと準備しなければ危険が伴います。リールは小型で良いですが、巻き取る時に音がしないものを選択してください。 イカは時間帯が肝心です。潮の干満の時間を調べておかなければなりません。満潮の2時間前に釣りを開始するように計画が必要です。

初心者だったら、ベテランと一緒に行くのが1番いいです。 時間に余裕があるなら、潮止まりの1時間を休憩し、その後2時間釣ればいいでしょう。 ヒットする時の感覚は初心者でも感じますが、ググーと重たくなる感じです。 初心者は頭の中でイメージが難しいので、逃がすかもしれません。 魚と異なるので、ゆっくりと引き寄せる必要があります。

バス釣りと初心者

バス釣りを経験したいと思っている人、全くバスが釣れないと感じる人初心者に根本的なことを紹介します。 バスフィッシングの基本を知っていなければ、ハリを落とせばいいと思う人がいます。 バス釣りの基本を知る前に、マナーが大事となります。前、バスは日本にいた魚ではなく、外国から入ってきた魚となります。 釣り人の心無い行為で日本にバスが繁殖しました。

釣り禁止の場所で、立て看板を無視し釣りする人がいますよね。 釣りというより社会的な常識レベルのマナーを守っていない人がたくさんいます。 そして、釣り場の混雑時には、他人に迷惑をかけてはいけません。 自分のことを考えるのではなく、譲り合いが大切となります。バスの駆除活動がされている地域もあるのです。

ポイントイラスト 釣り人とバスの駆け引きが大切
大物釣り

単にバスを釣ってエンジョイしてるだけで、冷たい視線で見られる地域もあります。 ブラックバスの習性を知らなければ、釣ることは不可能でしょう。初心者はそういったこともわからない事が多くあります。 ですが、釣りをエンジョイしてる人から誘われてバス釣りを開始したら、最初にきちんと聞かなければいけません。 バスは池にいる生き物を食しています。

小さな魚、虫、エビ、ザリガニといったものです。ですが、エサじゃなくても動くものに反射的に食いつく習性があるのです。 ルアーフィッシングはそういったものを利用して行いたいですね。 本物のエサじゃないのに、動かしたら食いついてくる仕組みです。 大きなバスは経験により 頭が良くなります。釣り人とバスの駆け引きが大切で、バス釣りは若者世代にも人気がでるなど幅広い年代で 楽しまれています。

お魚釣りの初心者の基礎知識