青森の釣りは釣り師には魅力的な場所

サイトマップ

トップバナー

青森の釣り

津軽西海岸、上磯地区、陸奥湾

青森の釣り情報を書いていきます。津軽西海岸、上磯地区、陸奥湾と青森県は漁場が豊富です。 初心者でのクロダイも釣りやすいポイントです。クロダイは雑食性なので、人間が住んでいる近所にいることが多く、 狙いやすい魚となっています。河口から流れ出るエサを捕獲するのに、港の中まで入ってくるので港でも釣れます。 南は沖縄から、北は北海道まで日本中で釣れる生息域の広い魚なのです。

クロダイが産卵をする際は近場に寄ってくるでしょう。更に、そのまま、移動せず住みついてしまいます。 海水の温度が安定しているといった条件が関係していると言われています。 堤防でも釣ることが可能で、磯場でもエンジョイできるでしょう。初心者であるからと言って心配はないでしょう。 更に、青森市では浅虫海づり公園があるのです。

大人から子どもまで誰でもエンジョイ可能

場所は陸奥湾に突き出たところとなっているので、魚介類の宝庫とも言える良漁場となっています。 ゴールデンウィークからオープンして、10月いっぱいまでの営業です。 大人から子どもまで誰でもエンジョイ可能です。有料のいけすもあるのです。釣り客は200人が入ることが可能です。 そして、200人もいるなら、少し大変ですけどね。

初心者であっても陸奥湾の魚を釣ることが可能なのです。入園料は大人140円、子ども60円となっています。 釣竿を自分で持ってくれば、入園料のみで住むのです。釣竿がないなら、400円で貸してくれるでしょう。 観光旅行で青森を訪れた初心者も気軽にやってみてください。釣具やエサの販売も行っています。 初心者は、釣り指導も行ってくれます。家族連れで楽しむのにはとても適した場所でしょう。

江の島の釣り

神奈川県の江の島は釣り人が多く集まりす。初心者であっても十分楽しむことが可能となっています。 家族連れで海釣りをエンジョイする人も多くみられます。初心者の子どもが様々な成果を見せている写真もあります。 海釣りの楽しさは簡単に大きな魚が釣れることです。釣具店も豊富にあります。 手ぶらで江の島に行き、貸具を使用して釣りをエンジョイしましょう。

釣った魚は釣具店が料理してくれるのです。江の島ではどういった魚が釣れるでしょう。 チヌ、クロダイは1番人気の魚となっています。少し賢い魚なので、あまり釣れないと思います。 メジナは簡単に釣れる魚となっています。ですが、年や時期により釣れ具合は異なります。 メジナは種類があるのですが、江の島では口太メジナとなっています。

ポイントイラスト 江の島では灯台下や岸壁で釣ることが可能
釣り道具

石鯛はクチグロとも呼ばれているのですが、サザエを付けて遠投すると大物が釣れる可能性があがります。 昔は足元でも大物が釣れたようですが、今はいないのでしょう。1番釣れるのはボラとなっています。 コマセを撒けば誰でも簡単に釣ることが可能なのです。引きが強いので、釣りを実感することも可能です。 ボラは成長する際に、名前が変化する魚としても往い名です。

コハダはお寿司ネタでよく見る魚となっています。江の島では灯台下や岸壁で釣ることが可能でしょう。 堤防周りで回遊時間帯のみで釣れるのが、アジとなっています。朝夕だけなので、近場の人しか釣れないでしょう。 イワシも同様ですね。サバは6月頃から簡単に釣ることが可能となります。 他にもカマス、カワハギ、クサフグ、キタマクラ、メバル、カサゴなど様々な魚がいるのです。

お魚釣りの初心者の基礎知識