仕掛けの道具を覚えれば魚釣りの楽しさアップ!

サイトマップ

トップバナー

仕掛けの道具を覚える

ハリスについて

釣りに必要な道具である、ハリスについてです。 鈎を付けるときは、専用の糸をハリスといいます。更に透明なので魚から見えにくく 強度が優秀な高級品となります。 高価なので短く切って使用します。前蚕からとった絹糸を撚り合わせて作成しましたが、 ハイテク時代の今はフロロカーボンという透明の炭素繊維の使用が主流です。

そして、鈎です。エサを付け魚の口に掛ける役割を果たします。 鈎は細く、丈夫な材質の鉄で作成され、小さな鈎でもとても大きな魚を釣ることが可能です。 日本の鈎メーカーでは優秀で世界中に輸出されます。鈎にはカエシ、あるいはモドリといい、刺さった鈎が抜けないような 銛の先のようにカギ状の加工が施されています。なので手に刺さっても、洋裁の針のようにはすぐ抜けないでしょう。

オモリとウキ

次はオモリです。鉛で作られた釣り専用のオモリです。鉄より重いので、小さく重さがありコンパクトです。 柔らかいので道具をキズつけにくく、海水でも錆びません。大きいのは6角オモリで、小さいのはジンタン、 ガン玉という名前があります。オモリの使い方は魚のいるところまでエサを早く飛ばすなど、潮の流れに逆い エサをその場に止める役割があります。

そしてウキです。軽い木やプラスチック作られています。 魚がエサの付いた鈎をくわえて泳げば、糸が引かれウキが沈み、 魚がエサを食べた事が釣り人へ知らせれます。 ウキを付けなければとエサや糸は重み海底に沈みますが、ウキを付ければその浮力でエサが沈まないのです。 エサの付いた鈎を一定の深さに、固定するのはウキ止め糸という小さなパーツを使用します。

釣りで使用する道具と覚えて置くこと

サルカン

そしてサルカンですが、道糸とハリス、ハリスとオモリをつなぐのに使用する小さい連結金具。 直結で、糸同士を結ぶ方法もあるのですが、初心者であればこれを使用した方が上部です。 回転するように作成されていて、糸のよれが少なくなる工夫があるので、 より戻しになる優秀なものです。 ワンタッチでつけれるのです。取付が簡単なので、市販仕掛けに使用されます。

ポイントイラスト 仕掛けだけでは釣りに行けない

そしてタモ玉網です。魚をすくう網のことです。 よっぽど強い竿と糸じゃなきゃ、大きい魚を海から釣るのは難しいです。 高いので、つい始末し買わない人もいますが、そういうとき大物がかかります。 余裕があるなら、すぐに買ってください。海に落ちた帽子を拾ったり、 泳いでいるカニをすくったりなど、少し違った、使用方法もあります。

そして、仕掛けだけでは釣りに行けないのです。仕掛けがあれば魚は釣れます。ですが、魚を入れるクーラー、 バケツ、餌、収納ケース、そして懐中電灯、防寒着、お弁当、釣りには色々なものが必要となります。 このようなものは、直接魚を釣る時に大切な道具にはならないので、 仕掛けとはなりません。ですが快適に釣りをするなら、欠かせない用品なので、覚えておきましょう。

お魚釣りの初心者の基礎知識