最低限の釣り道具を知り魚釣りを楽しみましょう

サイトマップ

トップバナー

最低限の釣り道具を知っておく

数がかなり多いので覚えるまで大変

いざ、釣りを始めるには、釣り道具が必要です。種類がかなり多いので、覚えるまで、 とても大変です。その多さは、数あるグッズの中で1番有名とも言えますが、 覚えないと、買い物が困難です。最初は、最低限必要なものを 紹介していきますので、用語を覚えながら買い物の準備を進めましょう。

最初に、仕掛けは魚を釣る道具であることを知って下さい。 釣りは、竿とリールが必要である事は、釣りを知らない人でも、大体の人が知っています。 リールという名称のものは、糸を巻く糸巻きの名称であります。 そして竿とリールとプラスし、鈎とか糸とかオモリ、ウキといった、魚を釣るために 必要な小物を組み合わせたものを仕掛けという専門用語で呼んでいます。

1番に想像へ移すことが可能な道具

ウキ仕掛けの一例ですが、通常、会話で使用される時は、道糸に取り付けれる、ハリスやウキといった小物の名前を表すことが多いです。 例を挙げれば、胴付きメバル仕掛け、アジを釣る市販のサビキ仕掛け、 図のサルカンよりも、下の部分に取り付けて使用が可能となっているのです。 仕掛けの種類は多く、魚種の数以上にあるでしょう。 仕掛けを色々工夫していくのも釣りの楽しみだと言えるでしょう。

次に、竿についてですが、釣り聞いたときに、1番に想像へ移すことが可能な道具が、この竿となっているでしょう。 日本ほど、多種多様な竿が作成されている国はないと、いえるでしょう。 釣り方や、対象魚別がたくさんいるのも、理由の1つとなっていますが、 釣り人の趣味嗜好に合わせた感性が重視されている、竿も現在の日本では多く生産されています。

竿の仕組みと値段

その竿の価格も980円から10万円以上といった風に、様々に 設定されています。最初は何を購入するのか迷うはずです。 なので、自分の周りの知り合いや店員に相談することが、大切となります。 材質は、グラスファイバー製、カーボン製、竹製とさまざまなものが用意されてます。 今では、軽量で反発力にとっかされたカーボン製が有名でしょう。

そしてリールについてです。 釣り糸を巻き取る道具となっています。 これにも様々な種類があるのですが、、エサの付いた仕掛けをより遠くへ 飛ばす事が可能となるスピニングリールと、巻く力が強く糸によれ、 らせん状の巻き癖がつくことを言って、更にそれが入りにくい両軸リールが使用されます。 初心者は使いやすいのではないでしょうか。

ポイントイラスト 道糸について
道糸

そして、道糸についてです。少し、ややこしく複雑ですが、糸は2種類あって組み合わせての使用が、一般的です。 更に、リールにぐるぐる何十メートルも巻いたのちに、魚の居場所までエサを届ける役目があるのが、道糸、専門用語でラインといいます。 ナイロン製がよく使用され、見やすいように着色してあるものが、多く使用されているので、 初心者にも目安が合ってわかりやすく使いやすいです。

お魚釣りの初心者の基礎知識