釣りと自然を守り楽しむことは大人の常識マナー

サイトマップ

トップバナー

釣りと自然を楽しむ

自然の恵みの魚を粗末に扱ってはダメ

根本的に釣りは自然の中でするものです。魚を食用として釣ってしまわず、趣味として釣っていることを頭に入れましょう。 自然の恵みの魚を粗末に扱ってはダメです。初心者の時は、釣りの楽しさを感じるのに精いっぱいかもしれませんが、夜明け前から釣り場に行く時は、海の夜明けを目の当たりにすることが出来ます。 自然の美しさに見とれるのも楽しいかもしれません。

初心者じゃなくても、感動してしまうのです。釣り場は1人のものではないです。 そして、釣り人のみのものでないのです。そこで生活する人、魚を取り生計を立てる人がいるのです。 社会人とし、どういった行動を取ればいいのかを頭に入れて置きましょう。釣りブームで釣りの楽しさを知った人が増加するのは、 とても良い事ですが、同時に海辺のごみが沢山あるのは許せない事です。

大人として絶対してはいけない事

多少なりとも自分はゴミを捨てないでください。そして、つまらない魚を釣ったからと言い、無用な殺生はしたらダメです。 魚は、命が存在します。そう言ったことを自覚しなければなりません。魚釣り禁止の看板があるところで釣りをする人も多くいます。 誰かがやっているなら、それでいい、というのは大人として絶対してはいけない事です。 家族連れで魚釣りをするのはとても楽しい事ですが、小さい子供の世話はきちんと行ってください。

海に落ちたりした場合、命に関わるとても大変な事となってしまいます。 危険と隣り合わせの事を、忘れて釣りをしてはダメです。 更に、潮の干満も関係します。満潮時期に動けなくなり、救助を求める釣り人の報道をたまに目にします。

釣りガール

釣りガール

釣りの魅力が知られるようになり、以前釣りは男性のスポーツととらえていた人が多いですが、今で は女性にも人気になっています。 初心者の女性から話しかけられたら、ほとんどの釣り人でも懇切丁寧にアドバイスを するのが人情ですよね。 テレビの釣り番組でも、初心者の女性が出ていて、そんな人達をみて女性の釣り人が増加したというのもあります。 ですがそれでも未だに釣り人の多くは男性なので、女性が1人で釣り場に行くのはちょっとハードルが高くなります。

最初は、釣りの基本を知り、楽しみを体感することが大事となります。 知り合いや彼氏と一緒に釣りをしましょう。初心者であれば男性も女性も関係ないでしょう。 特別な力仕事も必要ないです。ですが、大物狙いになると数十キロの魚を釣り上げるので、女性の力では無理があるでしょう。

ポイントイラスト 一通りのことは自分で出来るように

ですが、そういった釣りはあまりないと思っていいです。釣り船の中に女性がいれば場の雰囲気が和らぎます。 女性にとっての難点は、エサなどが気持ち悪いと思ってしまう点です。実際、じっくりと見るとグロテスクなエサが多くあります。 磯などを這い回る生き物も、可愛いはないですよね。

釣りガールの中には仕掛けを男性に担当させ、自分は竿を握っているだけと言う女性もいるのです。 そして、それが悪いわけではないのです。 ですが、釣りを本当に楽しみたいなら、一通りのことは自分で出来るようにならなければな りません。 それが、実際の、本当の釣りガールと言えるでしょう。

お魚釣りの初心者の基礎知識